万葉集の梅の歌32首の全文公開!意味や作者も気になる!

ライフスタイル
引用:岩波文庫

万葉集「梅の花の歌32首」序文から新年号が転出されて、万葉集事態に興味を持つ人も増えてきて、本が完売になっているそうです。

万葉集は日本の最古の歌集で、その後の古典文学にも影響を及ぼしたと言われているので、改めて読み返してみるのも面白いですよね。現代語訳の付いたものなど解りやすい本も多く出版されています。

今回は「梅花の歌32首序文」の全文と作者、意味なども調べてみました。

スポンサーリンク

万葉集の「梅の花の歌32首」【万葉集とは?】

出典:東洋経済

7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集で、天皇、貴族から下級官人、防人、大道芸人などさまざまな身分の人々が詠んだ歌約4,500首以上も集めたもの。

和歌の前では身分は問わない、というこの姿勢は世界的にみても特異なものでした。

 

作者不明の物も有りますが、759年(天平宝字3年)までの約130年間の歌が全20巻に収録されています。

 

万葉集は、和歌の原点であり、方言による歌もいくつか収録され、詠み人の出身地記録されていることから、方言学の資料としても非常に重要なんですよ。

 

「万葉集」の成立は詳しくは、わかっていなく、編者数名いたと考えられていますが、最終的にまとめたのは「家持」であるとされています。

また、「万葉集」は「竹取物語」や「浦島太郎」などの古典文学へ影響を及ぼしているとも言われています。

万葉集の時代区分

万葉集の歌の作られた年代としては、主に下記の四期に分けられます。

第一期 舒明天皇即位〜壬申の乱

第二期 壬申の乱〜平城京遷都

第三期 平城京遷都〜天平五年

第四期 天平六年〜天平宝字三年

 

そして万葉集に収められている和歌は、雑歌(ぞうか)相聞(そうもん)挽歌(ばんか)三つに分類されているんですよ。

雑歌(ぞうか)・・・・相聞、挽歌以外の和歌は全てこの雑歌に分類されます。

相聞(そうもん)・・・親しい間柄に関して詠んだもの。主に恋愛の歌。

挽歌(ばんか)・・・・人の死に関連する歌。

スポンサーリンク

万葉集の「梅の花の歌32首」【序文の意味と作者】

このころ中国から入ってきたばかりで、とても珍しい花だったんですよ。

 

<現代語訳>

天平二年正月十三日に、長官の旅人宅に集まって宴会を開いた。

時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、

梅は美女の鏡の前に装う白粉の如きかおりをただよわせている。

のみならず明け方の山頂には雲が動き、

松は薄絹のような雲をかずいてきぬがさを傾ける風情を示し、

山のくぼみには霧がわだかまって、鳥は薄霧にこめられては林に迷い鳴いている。

庭には新たに蝶の姿を見かけ、空には年をこした雁が飛び去ろうとしている。

ここに天をきぬがさとし地を座として、人々は膝を近づけて酒杯をくみかわしている。

すでに一座はことばをかけ合う必要もなく睦(むつ)み、大自然に向かって胸襟を開きあっている。

淡々とそれぞれが心のおもむくままに振舞い、快くおのおのがみち足りている。

この心中を、筆にするのでなければ、どうしていい現しえよう。

中国でも多く落梅の詩篇がある。

古今異るはずとてなく、よろしく庭の梅をよんで、いささかの歌を作ろうではないか。

 

この序文の作者は、宴の主催者である「大伴旅人」説と、参加者の一人「山上憶良(やまのうえのおくら)」説などがあり、確定していないようです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?新年号「令和」が発表され、日本文学から出典されたことで更に注目を集めだした「万葉集」ですが、古典文学や方言等の資料にもなるほど凄い本だったんですね!

最近は解りやすい現代語訳か付いたものや、漫画なども有りますし、中でも里中満智子さんの 天上の虹」は大作だと思います。

皆さんも興味が出たら読んでみてはいかがでしょうか?

新版 万葉集 三 現代語訳付き【電子書籍】[ 伊藤 博 ]

価格:832円
(2019/4/13 15:11時点)

天上の虹 持統天皇物語 [文庫版] (1-11巻 全巻) 全巻セット

価格:7,601円
(2019/4/13 15:14時点)

コメント