トルコの観光名所を地図で知りたい!エリア別マップとお祭りもご紹介!

トルコ
引用:tabippo

5月~9月はトルコ観光には良い季節です。

 

でもトルコの観光名所いっぱいあるのだけど、あまり休みが取れない人などは、観光名所がどのあたりに有るのか地図で確認してから旅行の計画を立てたい人もいますよね。

 

そこで、この記事ではトルコの観光名所地図エリア別にご紹介します。

スポンサーリンク

トルコの観光名所を地図で知りたい!エリア別マップとお祭りもご紹介!

この記事ではトルコ比較的治安の良い場所の観光名所をご案内していきたいと思います。(東部方面は治安が悪いためご案内していません)

トルコの観光名所【イスタンブール 歴史地域】

アジアとヨーロッパが交じり合いキリスト教とイスラム教が交わり発展した場所です。

 

今は海の底を走る列車マルマライができたおかげでウスキュダル方面から行くのがとっても楽になりました。

 

でも晴れの日には船でマルマラ海を渡るのも良いですよね^^

 

ここには、歴史的な建築物や、博物館、などが有り、グランドバザールは大変人気があり、土曜日は歩けないほど込み合います。

 

アヤソフィア美術館、ブルーモスク(スルタン・アフメット・ジャミイ)、トプカプ宮殿

地下宮殿、グランド・バザール(カパル・チャルシュ)、エジプシャンバザール、

トルコ・イスラム美術博物館、国立考古学博物館、ガラタ塔、Miniaturkが有ります。

 

Miniaturkはトルコの観光地をミニチュアで作ったミュージアムで、時間の無い人にはおすすめです。

 

私はエミノニュからバスで行きましたが、観光バスで来てる人がほとんどでした。

トルコの観光名所【カッパドキア、中央アナトリア地方】

カッパドキアには「妖精の煙突」とも呼ばれるきのこのような二つとして同じ形はない奇石群が有ります。

その他蟻の巣のように迷路になった地下都市や迫害によって地下にもぐった教会などを見ることが出来ます。

 

中でもラブバレーから気球に乗ってカッパドキアを一望するのは醍醐味が有ります。

 

カイマクルの地下都市、ゼルベ野外博物館、パシャバー国立公園、ラブバレー、ギョレメ国立博物館、ギョレメ野外博物館などが見れます。

トルコの観光名所【アンカラ、ハットゥシャ、サフランボル】

首都アンカラ

アンカラはローマ時代の歴史的建造物など見どころがたくさんあります。

 

政治の中心である新市街とアンカラ城近辺の旧市街があり、旧市街付近は散策にうってつけの場所です。

 

アナトリア文明博物館には、古代ヒッタイトの遺跡が展示されています。

 

1987年に完成したコジャテペ・モスクは、一度に24,000人を収容できる世界最大級のモスクで、晴れの日はどこからでも見えるんですよ。

 

また、アンカラにはゴンドラが有って、市民の足になっていますが、私は空中散歩を楽しみました^^

サフランボル:オスマン帝国時代の家が今も残る

サフランボルはサフランの産地で、特に日本人や韓国人のバックパッカーの間で人気。

黒海と地中海を結ぶ交通の要所で、オスマン帝国の頃、宿場町として栄えた町で、町全体が昔のままに保存されています。

 

ドアには2つ呼び鈴が付いていて、上は男性下は女性のお客様が使っていたそうです。

ハットゥシャ:ヒッタイトの首都

丘陵地帯にあるヒッタイト帝国の首都(紀元前17世紀~前13世紀)。

 

大神殿、スフィンクスの門、ライオンの門、城壁などの遺跡が確認され、この首都で人類史上初の鉄器の使用が確認されました。

 

ほとんどの遺跡はアンカラにあるアナトリア文明博物館に展示されています。

ハットゥシャには、カッパドキアかアンカラよりバスで行けます。

トルコの観光名所【エフェソス、パムッカレ、トロイ古代遺跡、ブルサ】

エフェソス:古代都市遺跡が残る場所

ギリシャの植民時代→古代ローマ→ローマ帝国時代等に至る大規模な古代都市遺跡

 

アルテミス神殿(豊穣の神アルテミスを祭る)はアテネのパルテノン神殿の倍近くの驚異的な建造物で古代世界七不思議の一つと賞賛されていたそうです。

 

残念ながら川の土砂で埋まってしまい今はまったく原形をとどめていないそうです。

 

エフェソスはパウロの伝道など原始キリスト教に関った都市でもあるんですよ。

ヒエラポリス-パムッカレ:石灰棚が美しい

パムッカレとは「綿の城」という意味で、丘の上から白い棚が段々と傾斜地に広がり、そこをサファイアブルーの水が流れて沈殿してできた石灰棚はとても美しいです。

 

ローマ時代の人も温泉治療に使っていたそうですよ。ここでは、足湯が出来ます。

トロイ遺跡:

ホメロスの叙事詩「イリアス」に出てくる伝説上の都市と信じられていたトロイを、実在した都市と信じたドイツ人シュリーマンが発掘しました。

 

ただ残念なことにシュリーマンの発掘自体は手荒な掘り方をしてしまった為に、多くの遺跡が壊れてしまったそうです。

 ブルサとジュマルクズク:オスマン誕生の地

オスマン帝国最初の首都ブルサ。スルタン・メフメット1世の「緑の霊廟」(15世紀)が有ります。

 

郊外の村ジュマルクズクにはオスマントルコ時代の街並みが残っているので散策して当時に思いをはせるのも良いのではないでしょうか?

 

そして温泉地でもあるので、是非歩き疲れた足を癒してください。

スポンサーリンク

【トルコのイベント】

トルコでのイベントやお祭りを紹介します。旅の参考になればと思います。

イスタンブール国際音楽祭

時期:毎年6月に開催

場所:イスタンブール

イスタンブール国際ジャズフェスティバル

時期:毎年7月の上旬

場所:イスタンブール

イスタンブールユーラシアマラソン

時期:毎年11月

場所:イスタンブール

アジアとヨーロッパの二つの大陸を走ることのできる世界で唯一の大陸横断マラソン大会

 

イスタンブールよりスタートし、ボスポラス海峡を結ぶボスポラス橋を渡った後、ヨーロッパにてゴール(制限時間は5時間30分)。

 

高低差はほとんどなく走りやすく、フルマラソン、15km、8km、車椅子フルマラソンがあり、全種目合わせて約10万人が参加するビッグな大会。

 

国際アスペンドス・オペラ・バレー・フェスティバル

毎年6月~7月にかけて

場所:アンタルヤのアスペンドスの古代劇場

2000 年の歴史を誇る古代劇場(紀元2世紀)での音楽の祭典なんです

 

オペラとバレーのフェスティバルで、音響効果の素晴らしい古代劇場には地元トルコをはじめとしてヨーロッパの有名なオペラ歌手やバレーダンサーが出演します。

イキズデレ アンゼル・ハチミツ高原祭り

時期:7月下旬

場所:イキズデレ市アンゼル

黒海・東部地方は、世界的に有名な栄養価の高い、美味しいアンゼル蜂蜜の産地。

 

この地域のみに生息するハチが作り出す蜂蜜は病気に効くと噂になったのが始まりだそうです。

 

国際ぶどう収穫祭

時期:毎年9月頃

場所:カッパドキア

数世紀に渡りぶどうが栽培されワイン工場もあり、収穫祭にはフォークダンスショーなどのイベントもあり盛大に行われます。

 

カフラマン マラシュ アイスクリーム・フェスティバル

時期:8月第2週

場所:カフラマン・マラッシュ市

トルコの伸びるアイスクリーム「ドンドゥルマ」のお祭り。サーレップという植物の根を使って作られる変わったアイスクリームです。

 

カフラマン・マラッシュへ行ったとき友人による11時過ぎにアイスクリームを食べに行こうと言われて冗談かと思いましたが、お店は満席でした^^

 

チャナッカレ トロイフェスティバル

時期:8月上旬~中旬

場所:チャナッカレ

「トロイ戦争」「トロイの木馬」で有名なチャナッカレで催される、フェスティバル。

ディヤルバクル スイカ祭り

時期:9月頃 

場所:ディヤルバクル

この町のシンボルマークである巨大なスイカの収穫を喜ぶお祭りだそうです。

 

ユルギュップ ネヴシェヒル国際ワインコンテスト

時期:毎年9月頃 

場所:ネヴシェヒル県ユルギュップ

古代ヒッタイト時代からワインが作られ、ワインの発祥地とも言われているんです。

 

毎年世界のワインがこのユルギュップに集まり、世界最高のワインが選ばれるのだそう。

スポンサーリンク

トルコで遺跡と一緒にお祭りも楽しめる

いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?

トルコと日本は古い歴史の中で友好関係をもち、トルコには親日の人が多く、楽しい旅が出来ると良いと思います。

関連記事

トルコ観光のベストシーズンはいつ?観光名所や観光地別にご紹介!

トルコの観光地パムッカレがおすすめ!屈指の絶景ポイントとは?

コメント

  1. […] トルコの観光名所を地図で知りたい!エリア別マップとお祭りもご紹介! […]

  2. […] トルコの観光名所を地図で知りたい!エリア別マップとお祭りもご紹介! […]