ドバイ観光の予算はどのくらい必要?気になる物価や滞在費用を調査!

中東(ドバイ、チュニジアetc)
引用:tabinaka

ドバイ観光へ行ってみたいけど、予算ってどのくらい必要かな?と思っている方いませんか?

ドバイ観光といえば、金持ちが行くところ?というイメージが強いかもしれませんが、物価が安いエリアがあったり、水が数十円で買えたりとリーズナブルな一面もあるんですよ。

 

せっかく行くならば、お得に満喫したいですよね。そこで、今回は気になるドバイ観光の予算、航空券・ホテル・現地滞在費用など調査してみました。

スポンサーリンク

ドバイ観光の予算はどのくらい必要?【ドバイを楽しむには?】

ドバイを楽しむ前に知ってほしいいこと。それは、それほどお金をかけなくても楽しめるのがドバイ。でも逆にお金を使わなさすぎるとドバイ旅行の楽しさも半減してしまう事。

 

ドバイ観光において、どこにお金を使うべきで、どこで旅費を抑えることができるのか?それが解ればドバイを思いっきり楽しめますよ。

 

ドバイでの滞在コストはホテルのグレードと滞在エリアで決まると言っても過言ではないです。
それ程にホテルとエリアは重要。

 

航空券代は時期等にもよりますが、東京からエミレーツ航空の直行便で、渡航費用(航空券+ホテル代)の総額は個人手配だと8万円〜25万円、ツアーだと13万円〜35万円くらいが標準のようです。

 

また、ツアーの表示料金は、基本2名1室での料金表示。(つまり、2名参加だと1名の料金が、表示料金の半額)

 

滞在期間でのオススメは、「2泊5日」か「3泊6日」。初めてドバイに行かれるのであれば、「3泊6日」がオススメ。勿論、それ以上長くても短くても全然いいですが、皆さんの休みの予定で計画されるのがベストと思います。

 

シティーエリアなら滞在コスト(ホテル代や食費など)が安く抑えれますが、代わりに移動コスト(交通費や時間など)がかかるし、ダウンタウン中心地で便利ですので移動コストはあまりかかりませんが、滞在コストがかかります。

 

ビーチエリアは滞在コストも移動コストもかかりますが、どこよりも優雅な滞在ができる。

 

どの様な滞在をしたいのか?それによって選択すべきホテルとエリアが変わってきます。

スポンサーリンク

ドバイ観光の予算はどのくらい必要?気になる物価や滞在費用を調査!【ホテルの選び方】

ドバイには700軒以上のホテルが立ち並び、格安ホテルから最高級のホテルまでたくさんあります。

 

ホテルの価格は、特にエリアによって異なり、スーク(市場)が集まるクリーク(運河)周辺のデイラやバール・ドバイはお得なエリアで、中東らしい雰囲気のオールド・ドバイ(旧市街)です。

 

オールド・ドバイは、空港にも近く、マリオットやハイアットなど高級ホテルチェーンもこのエリアのホテルだと宿泊代が安くなります。

 

世界一のタワー、ブルジュ・ハリファ(バージュ・カリファ)があるダウンタウン・ドバイや、人工島パーム・ジュメイラは、5つ星やハイクラスの高級ホテルが集まるエリア

 

ドバイらしい高級感を味わうなら、部屋もデラックスクラス以上がおすすめですよ。同じ価格の日本にあるホテルより更にコストパフォーマンスが高いのを実感できます。

 

1室料金の相場がこちら。(2名で宿泊する場合、1人あたりの金額は半額)

■スタンダードクラス:7,000円~15,000円
■スーペリアクラス:15,000円~20,000円
■デラックスクラス:20,000円~35,000円
■ラグジュアリークラス:35,000円~

 

空港からホテルへ行くには、メトロもしくはタクシーを利用するのが一般的。

 

空港から市街へは20~40分ほど、値段も2~3千円と日本に比べて安く、メトロの場合は、3ディラハム〜10ディラハム(約90円から300円)で、空港からメトロまでは直結しているので便利。

 

最近は、ホテルと空港間の送迎付きツアーもあるのでありがたいです^^

 

ドバイを安くお得に旅するコツは、オールド・ドバイ周辺のホテルに宿泊することが、一番のポイント。古い町並みが残りアラビアンな雰囲気なので、より中東らしい滞在を楽しめるエリアでもあり、物価が安く、食費も節約できます

 

食事に関しては、どこで何を食べるかによって値段がだいぶ違ってきます。

 

町中の食堂やB級グルメレストランであれば、アルコールなしで2人で100ディラハム(約3,000円)ほど。ドバイはイスラム教の国ではあるけれど、大半は外国人が住んでいるので、お酒も飲むことが出来るのですが、お酒を頼むと、価格が一気に上がってしまいます!

 

ビール1杯で約900円、ワイングラス1杯で1,200円なのでお酒のあるなしでだいぶ値段は違う。

 

しっかりとしたホテルのレストランで、お酒付きで食事をするなら、1人あたり1万円以上は見積もったほうが良いかと思います。

ドバイ観光の予算はどのくらい必要?気になる物価や滞在費用を調査!【生活必需品は日本より安い】

ドバイでは、人の命に関わるものは高くしないというイスラムの教義に則り、生活必需品の一部は一定以上値段を上げない事になっています。

 

なので水などは物凄く安く、500mlがAED 1(約30円)と砂漠の国とは思えないぐらいに安い!!
(高級ホテルに滞在すれば、タダで何本も水を貰うことができます)

 

買い物の際も、クレジットカードはドバイの色んな場所で使えますし、2018年から5%のVATが導入されて、以前より小銭を持つことが増えるので、クレジットカードが使える場所では、極力カードを使っていくことをオススメします。

 

カードで支払う際に、日本円かAED(ディルハム)か聞かれた場合、必ずAED(ディルハム)にして下さい。その方が絶対にお得です。(私は間違えて円でやってしまい後で請求金額を見てビックリです。。。。)

 

日本では消費税・所得税・法人税等の各種税金がありますが、ドバイでは2018年1月1日より5%のVAT(消費税)がかかるくらいです。ドバイは「無税」なのです!

 

よく海外旅行に行って買い物をした後、空港等で行う「免税手続き」は一切する必要が無く、街中が「TAX Free」なので、高額な買い物をすればするほどお得に買い物できます。

 

ただ、ホテルに滞在する場合は、10%の市税と10%のサービス料がホテルより課せられ、2014年3月31日より「宿泊税(ツーリスト・ディルハム)」という税金が課せられるようになりました。

 

これはホテルグレードと種類によって1泊辺りAED7〜20(AED1=28円)が必要となりましたので、ホテルをチェックアウトする時に、宿泊日数分のツーリスト・ディルハムをホテルに支払います。

 

そして、ドバイはイスラム教国なので、ラマダン期間中のレストランなどは、日中閉まってしまうので注意が必要です。中には観光客向けに飲食スペースを設けているレストランもあるようですが、

 

ラマダン期間中は高級ホテルが格安で宿泊できたり、日没後の食事(イフタール)が可能になったタイミングでお得なディナーが提供されたりするので、それも中々良い体験かもしれませんね。

 

観光する際もお得になるポイントがあるのですが、例えば世界一のタワー、ブルジュ・ハリファの展望台入場料は予約していくとAED 125(3,750円)~でのぼれますが、当日入場の場合はなんとAED 300(9,000円)もするんです!

 

必ず予約をして行きましょうね^^

スポンサーリンク

ドバイ観光の予算はどのくらい必要?気になる物価や滞在費用を調査!【個人手配vsパッケージツアーはどっちがお得?】

ドバイのベストシーズンは、気候が落ち着く10月~3月。4月~9月のオフシーズンは厳しい暑さのかわりに、ホテルやツアーの格安プランも登場します。

 

個人手配とパッケージツアーのメリット&デメリットをそれぞれ見てみましょう。

 

パッケージツアー

メリット

ホテルと航空券がセットになっているので個人手配するよりも安く、ガイドや送迎がついているツアーもあるので便利で安心。

 

直行便利用の場合、個人手配するよりもパッケージツアーの方が断然お得

 

直行便の航空券とホテルがセットで2泊4日 8~9万円ほどの格安パッケージツアーに出会えることもあるので、ぜひ探してみましょう。

 

デメリット

決まった日数での旅行のみで、ほとんどのパッケージが2泊5日~3泊4日などで、ホテルの選択肢が少ない。

 

個人手配

メリット

好きなホテルに泊まれる。自分のスケジュールにあわせて移動できる。

 

デメリット

移動も含めた手配はすべて自分でやらなければいけないので、パッケージツアーよりも高くなることがある。

 

航空券をのぞけば費用の半数がホテル代。個人手配で安いホテルを選ぼうと思っている人もいるかもしれませんが、最近ではスタイリッシュでクオリティが高いのに格安といったホテルもでてきているので、以前のように安かろう悪かろう的なホテルは無くなってきているようですよ。

 

ホステルやドミトリーは旅行者というよりも、出稼ぎ労働者が多く、受付の対応もあまり良くない。

 

ドバイでは、ほとんどバックパッカーはいないので、格安ホテルに泊まるのは、東南アジアから出稼ぎに来た人々がほとんど。

ドバイ観光の予算はどのくらい必要?気になる物価や滞在費用を調査!【ドバイの通信費は?】

ドバイは多くの旅行者と外国人労働者がいますので、パスポート1つで気軽にプリペイドSIMが買えます。

ドバイには「Etisalat」と「du」の2つの通信キャリアがあり、「Etisalat」がドコモ、「du」がauという感じ。通信速度も4G LTEなので問題ない速度となっています。

 

Wi-Fi事情ですが、街中のモールやカフェには無料のWi-Fiが飛んでいますので、屋外を散策しない人は特にプリペイドSIMを買わなくても大丈夫かと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?リーズナブルな旅も楽しめるドバイ。

今まさに注目されている旅行先でもあります。全日程フリープランなどの格安ツアーからゴージャスなプランまで販売されていますので、ツアーで行くか個人で行くかによっても価格はそれぞれなので、こまめに価格をチェックして、楽しい旅をしていただければと思います。

コメント