イスタンブールの観光日数は?アヤソフィアは3回建て直していた?!

トルコ

イスタンブールへ観光に行かれる方は日数はどのくらいを予定にしていますか?

 

歴史地区だけをさらっと観光する場合もあれば、じっくりと歴史を知りたい方や穴場スポットへの観光をしたい方もいるとおもいます。

 

イスタンブールの歴史地区に有る世界遺産には知られざる歴史があるので、中身の濃い旅が出来ますよ。

 

イスタンブール観光へ行かれる場合の最短日数や皆さんよくご存じの世界遺産の知られざる歴史もご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イスタンブールのおすすめ観光日数!

イスタンブールの観光日数ですが、1日あれば「ブルーモスク」「アヤソフィア」「トプカプ宮殿」「地下宮殿」などの旧市街のメインスポットはもちろん、「ガラタ塔」などの新市街の一部のスポットも観光可能なので、ほぼ3日で十分。

 

ですが、せっかくイスタンブールへ来たのですからアジア側や他の地域も観光したい!という方は日数を増やすと良いと思います。

 



アジア側やカッパドキア、パムッカレなどは、イスタンブールから日帰りツアーもありますし、余裕のある方は現地へ宿泊するのも良いと思います。

スポンサーリンク

イスタンブールの観光日数は?アヤソフィアは3回建て直していた?【アソフィアの歴史】

アヤソフィアは、世界建築の歴史の中で最も重要なモニュメントの一つです。

アヤソフィアは、イスタンブールの東ローマ帝国によって建てられた最大の教会で、同じ場所に3回建てられました。

 

最初に建てられたとき、それはメガレ・エクレシア(大教会)と呼ばれ、5世紀からアヤソフィア(聖なる知恵)と呼ばれるようになりました。

 

最初の教会は、東ローマ帝国の皇帝コンスタンティオス2世(337-361)によって360年に建てられましたが、404年焼失最初の建物の遺跡は有りません。

(家長のモザイク描写は、アヤソフィアの北のティンファノンの壁で見ることができます。)

 

2回目は古代ローマ帝国の皇帝テオドシオス2世によって415年に再建され、皇帝ユスティニアノス(527-565)の時代に破壊されました。

 

アヤソフィアの発掘調査は、1935年にイスタンブールのドイツ考古学研究所のA. M.シャインダーの指揮の下で行われ、十二使徒を表すプロピロンの階段(記念碑の入り口の扉)、柱脚、子羊のレリーフが見つかり、他の建築物は、西の庭で見ることができます。

 引用:his

3回目、現在のアヤソフィアユスティニアヌス王朝の大帝ユスティニアノス1世(527-565)によって、当時の2人の重要な建築家、ミレトスのイシドロス(ミレトス)とトラルのアンテミオス(アイディン)のために建てられました。

 

歴史家プロコピオスによると、建物はわずか5年で完成し、教会は537年12月27日に礼拝のために開かれ、最初の礼拝の後、大帝ユスティニアヌス1世が神殿に入って神に「このような礼拝の場を作る機会を与えてくれてありがとう」と叫んだそうです。

 

大帝ユスティニアヌス1世は、アヤソフィアをより壮観にするために使用される柱と大理石は、古代都市の遺跡などから集めたそうですよ。

 

白い大理石はマルマラ島から緑のソマキスはエリボス島から、ピンクの大理石はアフィヨンから、黄色の大理石は北アギアソフィアから集めさらに、エフェソスのアルテミス神殿から持ち込まれた柱が身廊で使用され、エジプトから持ち込まれた8つの斑岩柱が半ドームの下で使用されたことが知られています。

 

構造内の植物および幾何学的なモザイクは6世紀にまでさかのぼり描かれたモザイクはアイコン化石(730-842)にまでさかのぼります。

 

アヤソフィアの玄関をはいって2つの門皇帝の門といわれている門があり、皇帝の門の扉は常時開いたままになっています。この扉は伝説では聖書にも語られたノアの箱舟の木材から作られたとう言われています。

引用:年中放浪記

アヤソフィアのメインスペースの右側にある円形のインターレース模様のフローリング(オンファリオン)は、東ローマ皇帝が戴冠した場所です。

引用:4トラベル

 

東ローマ帝国時代の都市が1261年に奪還されたとき、アヤソフィアは非常に荒廃した状態にあり、

メフメト2世(1451-1481)1453年のイスタンブールの征服後、モスクに改修され最高の方法で強化および保存され、オスマン帝国時代の追加とともにモスクとして継続されました。

 

アヤソフィアの北部には、マドラサ(イスラム神学校)の遺跡が1982年発掘され、16世紀と17世紀に、ミフラーブ、説教壇、ムエジンマーフィーラー、説教説教壇、マックスがアヤソフィアに加えられました。

 

ミフラーブの両側にある青銅製の石油ランプは、カヌニスルタンスレイマン(1520-1566)によってモスクに贈られました。

 

メインルームの入り口の左右の隅にあるヘレニズム時代(紀元前4〜3世紀)の2つの大理石の立方体は、ベルガマからスルタン3世によって持ち込まれました。

 

アヤソフィアのスルタン・アブドゥルメシッドの治世中、書家のカドゥアスケル・ムスタファ・イゼット・エフェンディによりイスラム世界最大の書道プレートが各々壁に配置され、ドームの真ん中にスラト・アン・ヌルの35番目の詩が書かれています。

 

アソフィアは、ムスタファケマルアタチュルクの命令と閣僚会議の決定により博物館に改修され、1935年2月1日に地元および外国の訪問者向けに博物館としてオープンしました。

スポンサーリンク

イスタンブールの観光日数は?【ブルーモスク(スルタン アフメット)】

 

都市の最も重要なシンボルの1つであるブルーモスク(スルタンアフメット)は、オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建てられました。

 

6つの尖塔で建てられた最初のモスク。当時、6本ものミナレットは最高位である聖地メッカのカーバ神殿にしかなかったため、新たにメッカに7本目となるミナレットを寄贈し、自らの謙虚さとイスラムへの信仰心の深さを示したと伝えられています。

 

ブルーモスクは、多くのモスクと同様に、社会的および文化的建造物のある複合施設を持っていて複合施設には、グランドバザール、ハマム、キッチン、病院、学校、隊商宿、スルタンアーメドの墓が含まれます。

 

モスクの入り口は、ローマ時代に建てられたヒッポドロームの横にあり、 中庭と外庭に囲まれたメインスペースに高い演壇があり、ヒッポドロームにはエジプトから運ばれたオベリスクが有ります。

 

ブルーモスクは、3つのバルコニーに囲まれていてカーペットで覆われています。

 

ブルーモスクの建築は、200年の経験を持つオスマン帝国とビザンチン教会の建築の組み合わせの結果となっていて、260個の窓が非常に巧みに配置されているため、大きなドームは空中に吊るされているように見えます。

スポンサーリンク

イスタンブールの世界遺産には歴史がつまっている

いかがでしたか?イスタンブールに有る世界遺産達にはまだまだ知られていない歴史があります。



会社などで中々休みが取れず少ない日数で観光される方も居ると思いますが、イスタンブールを観光をする際の参考にしていただければと思います。

コメント