トルコ移住した日本人の楽しみ方!ダーリンの実家はナッツ農家だった?

トルコ

トルコ移住と聞いて皆さんどの様に思うのでしょうか?イスタンブールに住んでると聞くと日本人の方からするとオシャレなイメージを持たれる方もいるとは思うのですが

 

イスタンブールに住んでいるとはいっても主人の田舎はヘーゼルナッツの産地で、自分たちの畑のヘーゼルナッツは収穫しなくてはいけません。

 

トルコ移住するには避けられないヘーゼルナッツの収穫。日本人の私がちゃんと役に立つのか?自分でも疑問に思いました。

 

今日はトルコでの夏の生活やヘーゼルナッツの収穫についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トルコ移住した日本人の楽しみ方!【夏のイスタンブール】

トルコにも日本と同じように四季が有ります。夏のイスタンブールは湿気が無く革製品にカビが生え無いのが嬉しい。

 

暑いですが、日陰に入ると涼しいし、窓を開けると風も通るので部屋の中に居るよりもバルコニーで本を読んだりして過ごす事が多いんですよ。エアコンのある家も有りますが、イスタンブールではあまり使う事が無いので特に必要は有りません

 

そしてイスタンブールには蚊がいない!街中に車で薬を撒くので蚊がいないのです。なので、夏は夕食の後ベランダで涼みながらチャイを飲んだりおしゃべりを楽しむのが日課。

 

そしてドラマ天国のトルコらしく夏は人気のあったドラマの再放送などが延々と放送されています。私のトルコ語の先生はドラマです(笑)

 

週末にはボレキ等を作り海岸沿いにある公園へ夕方家族で出かけるのですが、夜の11時近くまで皆さん家族連れや友人たちと楽しんでいます。

子供用の遊具もありますし、サイクリングコースなどもあるのですよ。子どもが11時過ぎまで元気に遊ぶなんて日本では考えられないですけどね、、、、

子ども達は3ヶ月近く夏休みになるので、塾のようなところへ勉強に行く子も多いです。トルコは学歴社会、試験の結果で人生が決まるくらい勉強は大事なんです。

スポンサーリンク

トルコ移住した日本人の楽しみ方!【ヘーゼルナッツの収穫】

 

夏になると主人の田舎ではヘーゼルナッツの収穫の時期が来ます。

 

トルコはヘーゼルナッツの生産量が世界一らしいと後で知ったのですが、田舎では皆さん自分たちの畑のヘーゼルナッツを家族総出で収穫します。

 

それにしてもナッツって高いと思いませんか?なんで高いのか、嫁に来て解りました。ヘーゼルナッツに限らずナッツは手で1つ1つ収穫しなくてはならないのです。高いのも納得。

 

それでも以前に比べて畑も減らし、贅沢しなければ2年くらいは生活できる分は収穫できるようにしてあるのですが、毎年ヘーゼルナッツの値段がいくらになるのかが村中の話題です。

 

さて、収穫ですが、夏の暑い時期の収穫なので早朝の涼しい時間から初め、私は皆のご飯を作ったり、夕方にお茶をもって畑へ行きます。

 

私達の家の畑はそれほど大きくないので収穫から殻むき、乾燥を1~2週間くらいで終えてしまうのですが、畑では下に落ちてしまったヘーゼルナッツも有るので、よーく見ながら拾わないといけません。なんたって生活費になるんですからよーく見ないと!


収穫が終わると殻をむくのですが、これは手作業は無理なので、機会を持っているご近所さんから機会を借りて1日で殻をむき、後は庭に敷いたシートの上で数日天日干しです。

 

ヘーゼルナッツの殻も乾燥させます。冬には薪ストーブで燃やし暖をとるので大事な資源なのです。雪が降ると多い時で2m近く積もるのですよ。

 

トルコのチョコレートにはピスタチオ入りも多いのですが、ヘーゼルナッツも入っていてとっても濃厚なんです。

 

あのゴディバがトルコのチョコレート会社に買われたことをご存じの方もいると思いますが、トルコのスーパーで売っているチョコレートもゴディバ同様とっても美味しいんですよ。

 

又パンなどに付けるチョコクリームにもヘーゼルナッツが入っていて日本でも売られていますので見たことが有るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

トルコ移住した日本人の楽しみ方!【黒海での海水浴】

夏のもう一つの楽しみは海!村からは車で黒海まで日帰りできるほど近いので、夏は海水浴に出かけます。

海水浴場での楽しみ方は色々有るのですが、朝食から夜のBBQまで用意して1日楽しんだり、家を借りてのんびり過ごすなど色々な楽しみ方が有ります。

これは外で使うチャイダンルック(2段式やかん)なのですが、よーく見て下さい。上に有るのは紅茶の葉を入れたやかん右下の方にある蛇口からはお湯が出ます

 

知っている方もいると思いますが、トルコの紅茶はまずカップに濃い紅茶を入れてからお湯で濃さを調節するんですよ。

 

トルコ人にとってチャイは大事!食事にもおしゃべりにも欠かせませんし、大人数ですからこーんなに大きなチャイダンルック持参で海水浴に行きました^^

 

もちろん、バーベキューもデザートもしっかり用意してヘーゼルナッツの収穫の疲れを癒しながら海水浴も楽しみましたよ。

スポンサーリンク

まとめ

夏の生活をご紹介させていただきました。

私の田舎はヘーゼルナッツが産地ですが、ピスタチオやひよこ豆、オリーブ、紅茶などトルコの食料自給率は111%と、世界中の国に食料を輸出しているのですよ。

皆さんの食卓にもよく見てみるとトルコ産の食品があるかもしれませんね。

コメント