トルコ移住は日本人にとって危ない?暮らしてわかった心の豊かさ!

トルコ

トルコと言えば一時期テロやクーデター未遂が起こったりということもあり、トルコ移住は危ないのではないか?と思われるかもしれませんが、最近は目立ったテロなどもなく治安は安定しています。

 

トルコは親日の国でもあるので日本人だと解ると特に親しみをもって接してくれる方が多いのですよ。

 

日本人に限らずトルコに移住している方達はいますが、危ない場所に近づかないようにすれば大丈夫。

 

今日はトルコ在住者が生活するうえで気をつけていることなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トルコ移住は日本人にとって危ない?【文化の違い】

トルコに移住しておどろいた事は色々有るのですが、日本では不可能だろうなぁと思うイスラムの精神があって成り立っていると思われる文化の違いを紹介したいと思います

トルコ移住は日本人にとって危ない?【家族でクレジットカードを使いまわし】

日本でも家族カードというのが有りますが、それとはちょっと違うのです。トルコでは自分より年上の人にお使いなどは頼みません、というか頼むのは失礼になります。

 

一番末の人が動くのが当たり前なので、末の義弟がクレジットカードの支払管理やスマホ(姪や甥の分まで)のコントロールをしてくれたり、病院の予約までやってくれる。

 

と言うのも、クレジットカードの支払期限は日本より短く使える金額もそれほど大きくないうえに、カード社会。

 

ほとんどの店がクレジットカード決済を導入していてキャッシュレス決済で買い物が出来るので残高が足りない時など家族中でカードを使いまわすことも有ります。

 

例えば弟のクレジットカードを借りて支払いの際に自分の名前を告げて決済し、後日弟の口座に送金し、カードを使う前後に本人に電話連絡しています。

 

勿論カード会社も銀行もカードが使われると本人にメールが届くようになっているので使われたらすぐにわかります。

 

バスなどでイスタンブールカードに残高が足りない時などは残高がある人が代わりに払ってくれたりしますので、イスラムの助け合い精神を伺えることができます。

 

勿論そのかたには現金で運賃分を渡しますが、中には多めに渡す方もいます。

トルコ移住は日本人にとって危ない?【お隣さんがうちのWIFIを使っていた】

トルコも気が付けばインターネットの普及が田舎にも及んでいて今では家族とアプリ通話は普通にできるようになりました。

 

誰かの家にお茶に行けばその家のWifiパスを教えてくれるのでほとんどの家のWifiが使えてしまう状態。ですが、やはり皆さん夜中は子供がゲームなどしないようにwifiを切ってしまうので夜中に仕事をしたいときはちょっと困ります

 

先日は面白い事がありました。隣の家と言っても10mは離れているのですが、そこの娘さんが夜中に婚約者とインターネット通話していて困るのでwifiを夜中は切ってくれとおばさんから苦情が来た!

 

どうもまだ家にwifiを入れていなかったらしく私たちの家のwifiを使っていたらしいのです。これにはビックリ!子供たちがドラマをwifiで見ていると思って使いすぎだと叱ったけど犯人はお隣さんだったみたい。。。。。

 

でもここで大ごとにならないのがトルコの良いところで、笑い話で村中の話題になり、本人も自粛したようです^^

スポンサーリンク

トルコ移住は日本人にとって危ない?【イスタンブール内の交通機関】

イスタンブール市内の公共交通機関は、タクシー市営バス民営バスメトロバス(道路の中央に設けられた専用レーンを走るバス)、メトロ(地下鉄)の他、ミニバスやドルムシュと呼ばれる乗合バス、アジア側とヨーロッパ側を結ぶフェリー路面電車(トラムヴァイ)。ボスポラス海峡横断鉄道のマルマライ等があります。

 

イスタンブールの渋滞は世界でも有名ボスボラスを渡る橋は時間帯によって閉鎖され遠回りさせられることも有ります。

 

イスタンブールは遺跡の街なので、道路にしても地下鉄にしても、何かを作り始めても、遺跡が出てしまうとそこでストップしてしまうんです

 

なので道を作るつもりだったところまで作り切れないことが時々あり、地下鉄や道を途中まで作ってそこで諦めてしまうことが時々あるのだとか^^;

 

ミニバスの場合、特にバス停は無いのですが地元民には乗る場所が解る行先が書いてあるミニバスを止めて乗り込みお金を払って好きな所でおろしてもらえるのでこちらもとても便利。

 

そういったドルムシュやミニバスは別ですがトルコの移動に欠かせないのがイスタンブールカード。

 

ミニバスやドルムシュ、長距離バス以外ではこのイスタンブールカードというICカードに現金をチャージしてメトロ、バス、マルマライを利用できます。

 

トルコに限らず海外ではタクシーの運転手は地方出身者や移民が多く、道をほとんど知らない運転手が多い。

 

途中でおろされたことや、地名の同じ全く違う場所でおろされたこともあります。住所を見せて「知っている」と答えてもあまり信用しないほうがよさそう、、、ナビは飾りか?て感じです

スポンサーリンク

トルコ移住は日本人にとって危ない?【トルコ在住者が気を付けている事】

トルコに住んでいる誰もが気を付けている事は地域を良く知ること。危ない地域は頭の中に入れておくことが大事です。

 

●デモ等に近寄らない。

●大使館や総領事館、警察にすぐ連絡できるようにする

●スラム等の治安が悪い場所へは行かない

●地方では露出の多い服装は控える。

●お酒を飲んで酩酊しない

 

私はイスタンブールのアジア側に住んでいますが街のいたるところに警察官がいるので平穏な日々を送っています。但し、タクシーのぼったくりやスリ、置き引き等はあるので注意が必要です。

 

イスタンブールでは危ないエリアははっきり分かれているので、移住者にとって分かりやすいと思います。

 

だいたいその道に並んでいる店の様子や歩いている人たちの格好を見て、いわゆる貧民街だなと思うような道があれば、そこが危ないエリアということ。

 

そういった道にはイスタンブールっ子でも近づかないようにしています。

 

道を挟んでひとつ向こうに行ったら、もうそのエリアに入ってしまうということもありますので、周りの景色に気をつけて歩いたほうが良いと思います。

トルコ移住は日本人にとって危ない?【食料自給率は111%!?】

日本の食料自給率は40%ほどですが、トルコの食料自給率は111%で、世界中の国に食料を輸出しています。

 

週1回開かれるパザールでは野菜や果物が1個売りではなく1キロ単位で売っていてとっても安いし美味しい。そしてサイズが大きい

 

キャベツやカボチャ、ナスなどは日本の4倍くらいの大きさで、パザールで売られる食品はトルコの全土から集まってくるんですよ。

 

スーパーで買うよりもバザールの方が野菜や果物の鮮度が良いので、1週間分の買い物をしてしまいます。

 

場所によってパザールの大きさが違うのですが、私の住む地域のバザールはとても大きく食品以外にもおもちゃ、服、カバン、靴などありとあらゆるものが安く売っているので毎週見に行くだけでも楽しい場所です。

 

今はインターネットで日本の食材も買えますしAmazonや楽天など日本のサイトから買った商品をまとめて送ってくれるサイトも有るのでとてたすかります。

トルコ移住は日本人にとって危ない?【クーデター未遂】

2016年7月に発生したクーデター未遂。テレビで軍人たちが戦車で橋を占拠した映像を目にしましたが、平和な国で育った私には何が起こったのか判りませんでした。

 

幸いにもクーデター発生時、一般市民が団結し、戦車や戦闘機が銃弾を発砲する危険な状況の中、クーデターを辞めるよう立ち向かいトルコ国民の勇気と団結力で乗り切ったのです。

 

数時間後、クーデター失敗が発表され、短時間でほぼ全てのクーデターをもくろんだ関係者は捕まりました。

 

トルコ国籍のすべての男性には兵役制度があり厳しい兵役を経験したトルコ人男性は心身ともに強く結婚する前に兵役を終える方も多いんですよ。

 

男性達がお茶会などで集まると兵役時代の話で盛り上がるそうです。

トルコ移住は日本人にとって危ない?【ドラマ天国】

トルコはドラマ天国と言われるほどドラマの種類が多いんですよ。しかも1話がほぼ2時間くらいあり、CMの時間がとっても長いので何を見ていたか忘れてしまいそうになります。

 

そして、人気のあるドラマは延々と続き長い物で10年以上続いたそうです。その反面人気のないドラマは予告なしに突然打ち切りというシビアな面も^^;

 

チャンネルはとても多く、海外の映画やテレビ番組なども見ることが出来ます。

 

韓国ドラマやインドドラマも人気があるのですが、最近嫁と姑がタッグを組んで料理の腕を競い合い、優勝者にはお金や金がもらえるという番組がいくつかあり人気を集めています。

 

地方によって料理も違うので新しく知った料理を作ってみたり、女性たちがお茶に集まると番組の話で盛り上がります。

トルコ移住は日本人にとって危ない?【病院が24時間無休】

トルコの医療機関の設備や治療の質は低くなく、トルコの病院は歯医者でも内科でも24時間無休で診察、治療してくれる病院が多く、調剤薬局も24時間の場所が有ります。

 

日本でも休日に診療してくれるところが有りますが、数も少なくほとんど応急処置で終わってしまいますよね。

 

トルコでは病院の予約時間も24時間OKなのでわざわざ会社を休まなくても治療に通う事が出来、夜中に高熱が出たり歯が痛くなっても専門医が適切な治療をしてくれるので特に小さな子供のいる家庭はとても助かります。

 

そしてトルコ国民は私立病院以外すべて医療費は無料です。日本人や外国人でも在住所指定の診察所や国立病院の緊急診療等は無料で診療を受けられる時もあります。

トルコ移住は日本人にとって危ない?【心がバリアフリー】

トルコには日本のように服や本のリサイクルショップがなく、街中に市役所が設置した、不要な衣服を引っかけるバス停みたいなスポットや、本棚があり、だれでも自由に持ち帰ることができます。

 

イスラム教の教えに「生きるために必要なものはすべて神様から与えられている」「神から与えられたものを多く持っているものは、少なくて困っているものに与えよ」という福祉的な信仰心で、助け合いが非常に多く、公共の福祉や社会的援助が安定しています。

 

誰かが風邪をひいたと知ればその家族にご飯を作って持って行ったり、高齢者に変わって若者が代わりに買い物をしてあげたり。友人は以前トルコの人々は心がバリアフリーと行ったことが有りますが、正にその通りではないかと思いました。

スポンサーリンク

トルコ移住は日本人にとって危ないのか?のまとめ

トルコへ移住して文化の違いに驚くことも有りますが、住めば都というのは本当で、意外と日本に住んでいる時よりもストレスが少なくなりました。

異文化の生活をちょっと紹介させていただきました。

コメント