JR原宿駅が解体!都内最古のイギリス風木造駅舎はもう見られない?

エンタメ&スポーツ

JR原宿駅が2020年のオリンピック・パラリンピックの後解体されることが報道されました。

 

木造の歴史を感じさせてくれる駅なので解体されるとは残念ですが、老朽化という事ですし事故が起きてはいけませんからね。

 

そこで、JR原宿駅がどのような歴史を刻んできたのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

JR原宿駅が解体!都内最古のイギリス風木造駅舎はもう見られない?【原宿駅】

JR原宿駅は都内最古の木造駅舎で明治39年に開業されたそうです。

 

現在の駅舎は2代目で1924年(大正13年)に竣工した尖塔(せんとう)に白い外壁と窓格子は二重斜格子文いうハーフティンバー様式という建築様式を用いたイギリス風の建築様式を取り入れたのが特徴で、一部2階建てになっています。

 

初代駅舎は現在より約500m代々木より現在の宮廷ホームの近くに造られ当時の原宿は豊多摩郡千駄ヶ谷村大字原宿と呼ばれ、駅の1日乗降人員は50人程だったそうですよ

 

1919年(大正8年)明治神宮が造営され、次第に乗降客が増えていったそう

 

1929年(昭和4年)に竹下口、1939(昭和14年)には明治神宮側に臨時のプラットフォームが設置。

 

1945年(昭和20年)の太平洋戦争の空襲も逃れ焼失しなかったんですよ。

 

現在は従来からの神宮参拝駅と若者達の文化・ファッションの中心地原宿の表玄関となっています。

 

私の中学時代の原宿といえば芸能事務所にスカウトされる人が多かったな~

スポンサーリンク

JR原宿駅が解体!都内最古のイギリス風木造駅舎はもう見られない?【解体後はどうなるの?】

建築中の新駅舎は2020年3月より開業されるそうですが現在のJR原宿駅は解体後どうなるのか気になりますよね。

 

報道では現在のJR原宿駅はデザインを再現して建て替え商業施設として利用されるそうですよ。

 

18年度の1日当たりの乗車人数は約7万5300人だったそうですし、ホームドアが設置されていますが実際に1つのホームに外回りと内回り停車するのは幅も狭いですし、5〜10分間隔で到着するのでプラットフォームには人が溢れ乗り降りに不便を感じた事はよくあります。

 

利用者も多いですからホームが増えて外回りと内回りが別れるのは良いと思います。

l

そして新駅舎には明治神宮方面への出入り口が新設されるそうなので乗客が分散されて改札も今までよりはスムーズに通れそうですね。

 

ですがデザインを再現するとはいえ現在の駅舎が解体されるのも寂しいです。

 

原宿にはトルコ大使館があり今も利用することがありますが、いろいろな手続きのたびに利用した駅なので人一倍思い入れがあります(涙)

スポンサーリンク

JR原宿駅が解体!都内最古のイギリス風木造駅舎はもう見られない?【宮廷ホーム】

原宿駅には通称宮廷ホームと呼ばれる皇室専用のホームがあるのをごぞんじですか?

 

大正天皇が葉山御用邸や沼津御用邸へ療養に行かれる際に使われた専用の駅。

 

宮廷ホームが造られた当時、大正天皇が病気療養中だったためで、療養中の天皇が利用している姿が人目につかぬようあえて控えめに簡素な造りにされたそうです。

 

昭和天皇もこの駅を利用されましたが、平成に入り東京駅を利用される事が多くなり交通機関の発達などで鉄道を利用される機会も減り、2001年(平成13年)以降皇室の方の利用はないようです。

スポンサーリンク

JR原宿駅が解体!都内最古のイギリス風木造駅舎はもう見られない?【日野駅】

都内に有る日野駅の駅舎は初代原宿駅の古材を用いて建築されているという事で調べてみたところ

 

日野駅の旧駅舎は大正10年の秋、特別大演習が三多摩の地区であり、これに先立って駅舎を改築することになり原宿駅の古材が運ばれ建築された

 

という記録がありました。

 

ちなみに旧日野駅停車場は1890(明治23)年1月6日に開業されたそうです。

スポンサーリンク

まとめ

現在のJR原宿駅の姿が見れるのも後わずか、時代の流れとは言えちょっと寂しいですが、新しく生まれ変わった駅舎がイメージを壊さずに再現されることを願っています。

コメント