梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!

季節イベント

お花見といえば桜と思う方が多いと思いますが、桜の開花時期はわずか1週間くらい。一足先に梅まつりへ行って、日本古来より咲いている梅の花で「春」を感じてみませんか?

 

関東・東京にも梅の花が咲き誇る「梅まつり」を開催している場所があります

 

元号「令和」を決める際「梅の花」の詩の序文が採用されたのもまだ記憶に新しいのではないでしょうか?

 

今年の関東・東京にあるうめ園では万葉集の「梅の花 序文」を思い起こしながら梅の花を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【梅の鑑賞は何時から始まったのか?】

花見というと「桜」をイメージする現代ですが、花見の根底となる習慣は、奈良時代に形作られたといわれています。

 

奈良時代の花鑑賞といえば、「梅」をさしていました。

 

当時、日本は遣唐使を介した中国との交易が盛んで、中国文化、物品も多く日本に伝わり、その中の1つに梅がりました。香立つ梅の花は珍重され、桜よりも人気があったそうで、貴族たちの間では造園する際、梅を入れることが定番となっていて、たようです。

 

その梅の花の人気ぶりをうかがえるのが、奈良時代の「万葉集」に詠まれた梅の数。桜を詠んだ歌は43首に対し、梅を詠んだ歌は110首。梅は桜の倍以上詠まれているのですよ。

 

当時の貴族の優雅な風習といえば、「歌を詠む事」でしたので、中国からやってきた梅を見ながら、歌を詠む会を開き、これが現在の花見の原型になったといわれています。

 

学問の神様と言われる菅原道真が遣唐使を廃止した894年以降、日本独自の文化が発展していったともいわれ桜ブーム到来は、平安初期に作成された「古今和歌集」で解るのですが、梅を詠んだ歌は18首、桜を詠んだ歌は70首となっています。

 

平安時代に、一気に梅と桜の人気が逆転したことがうかがえます。

スポンサーリンク

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【おすすめスポット】

奈良時代「万葉集」にも多く読まれた梅の花。2020年関東・東京で開催される梅まつりのおすすめスポットで、元号「令和」に決まった「万葉集 梅の花 序文」を思い起しながら楽しんでみてはいかがでしょうか?

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【亀戸天神社梅まつり】

2020年関東・東京の梅まつりおすすめスポットで最初にご紹介するのは、思い立ったらすぐに行ける「亀戸天神」

 

菅原道真公が特に梅の花を好まれ、多くの和歌を詠んだ、という関係から境内には紅梅50本と白梅250本の計300本が植えられ、見頃にあわせた「梅まつり」では、お茶会や囃子奉納などが楽しめます。

 

5歳の菅原道真公像のそばにある梅は特に有名で、一つの樹に紅梅と白梅の花が咲くそう

※新型コロナウィルス拡散防止の為、野点などは中止となっております。

 

期間:2020年2月9日〜2020年3月8日

時間:8:30~17:00

住所:東京都江東区亀戸3-6-1

アクセス:JR総武線「亀戸駅」・「錦糸町駅」もしくは地下鉄半蔵門線「錦糸町駅」・「押上駅」から徒歩15分

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【湯島天神(文京梅まつり)】

2020年関東・東京の梅まつりおすすめスポットは江戸時代より「梅の名所」として多くの庶民に親しまれて来た「湯島天神」

 

湯島天神に植えられている梅の木約300本。学業成就でも有名な湯島天満宮(湯島天神)の梅の花ですが、8割が白梅。20種類以上もの梅は、品種によって咲き始める時期も違うため、長く楽しめます。

 

梅まつり期間中の土・日・祝日には、お神輿や野点(お茶券600円)、生け花展、物産展、ダンスや日本舞踊などの園芸が行われ、屋台も出て学業成就の神様らしく、「合格甘酒」や「合格梅干し」のお店も並びます。

 

例年2月中旬~3月上旬にかけて見頃を迎え、2月上旬~3月上旬にかけて梅まつりが開催され毎年45万人を超える人が訪れまつり期間中、日没~20:00の間にライトアップもあります。

 

※新型コロナウィルス拡散防止の為、野点などは中止となっております。

期間:2020年2月11日 ~ 2020年3月10日

時間:8:00~19:30

住所:東京都文京区湯島3-30-1

アクセス:

・東京メトロ千代田線「湯島駅」3番出口から徒歩約2分
・東京メトロ銀座線「上野広小路駅」から徒歩約5分
・東京メトロ丸の内線「本郷3丁目駅」から徒歩約10分
・JR山手線、京浜東北線「御徒町駅」から徒歩約8分
・都営地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」A4出口から徒歩約5分

駐車場:近隣にあるコインパーキングを利用。

33台分ほどしかないので、平日に行かれる場合は確保できるかもしれませんが、週末の場合は電車で行くことをお勧めします。

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【吉野梅郷】

2020年関東・東京梅まつりおすすめスポット「吉野梅郷」は日本一の梅の名所と言われた青梅市にある梅郷です。

 

2019年梅郷の梅の木が病気でやられ、梅まつりは中止されていましたが、2020年は植樹され梅郷周辺の寺院や施設を散策しながら梅などの花々を観賞できることになりました。

 

※新型コロナウィルス拡散防止の為、野点などは中止となっております。

場所:東京都青梅市梅郷一帯

期間:2020年2月22日〜2020年3月21日

アクセス:JR日向和田駅から徒歩で10分

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【神代植物公園梅まつり】

関東・東京2020年梅まつりのおすすめスポット「神代植物公園 梅まつり」の場所は、園内正門から中に入ると右奥になり、神代小橋を渡った先になります。

 

古くから伝わる品種を中心に約70種類・約180本の梅が植えられており、例年2月上旬から3月上旬にかけて見頃を迎えます。

 

※2020年は新型コロナウィルス拡散防止の為、うめコンサート、うめ園ガイドツアーは中止されるようです。

梅まつり開催期間:令和2年2月4日(火曜日)~3月1日(日曜日)
※2月10日(月曜日)・17日(月曜日)・25日(火曜日)は休園日です。

時間:9:30~17:00 入園は16時まで

 

うめコンサート:2月11日(火曜日・祝日) ①11時00分~、②13時30分~(各回30分)
※雨天決行(場所を室内に変更)

うめ園ガイドツアー

日時:2020年2月20日(木曜日)・21日(金曜日)・22日(土曜日)

各日10時30分~、13時30分~(各回約60分程度)

集合場所:正門周辺 情報棟付近

梅見茶屋(※荒天中止)

土・日・祝日には梅園のすぐ近くに梅見茶屋が出店し、温かいお飲物、お菓子、お土産等が販売されます。

 

住所:東京都調布市深大寺元町5-31-10

アクセス:

【京王線】「調布駅」から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、

または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車

京王線「つつじヶ丘駅」から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車

【JR中央線】

三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き「神代植物公園前」下車

料金:大人500円、中学生200円 、65歳以上250円、小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【せたがや梅まつり 「羽根木公園」】

関東・東京2020年に行われる第43回となる「せたがや梅まつり」小田急梅ケ丘駅から徒歩5分の場所にある「羽根木公園」で行われます

 

羽根木公園では約650本の梅の花が咲き誇り、園内には軟式野球場などのスポーツ施設のほか、プレーパークや、茶室「日月庵」があり、紅梅、白梅を楽しむことが出来、例年2月中旬~3月上旬にかけて見頃を迎え、2月には梅まつりが行われます。

 

期間:2020年2月8日~3月1日

時間:10:00~16:00

住所:東京都世田谷区代田4-38-52

アクセス:小田急線梅ヶ丘駅下車徒歩5分

駐車場:羽根木公園には、専用駐車場はありませんが、周辺には有料駐車場が沢山ありますよ。

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【高尾梅郷】

旧甲州街道沿い約4.5km区間に点在する、関所梅林天神梅林湯ノ花梅林木下沢梅林小仏川沿いの遊歩道梅林を中心に、約10,000本の紅白の梅が咲き誇る高尾梅

 

各梅林で露店がでて、関所梅林では琴の演奏や、野点が行われますので、ハイキングがてらゆっくりと梅の花を楽しむことが出来ます

 

毎年、3月中旬に開催される高尾梅郷梅まつりでは、普段閉鎖されている木下沢梅林を散策することが出来、琴の演奏、各梅林での出店、梅の加工品の販売なども行われる予定だそうです。

 

紅白の梅が咲く高尾梅郷では、例年2月下旬から3月下旬ごろまでが梅の花の見ごろで満開になるのはだいたい3月初めから中旬ごろ

 

期間:2020年3月14日(土)・15日(日)

時間:9:00~16:00

住所:東京都八王子市裏高尾町 西浅川町と裏高尾町の小仏川、旧甲州街道沿い

アクセス:JR高尾駅北口から「小仏」行きバスで、「小名路」(遊歩道梅林)、「駒木野」(関所梅林)、「荒井」(天神梅林)、「蛇滝口」(湯の花梅林)、「日影」または「大下」(木下沢梅林)で各バス停で下車。

梅まつり「関東・東京2020」おすすめスポット!アクセス・駐車場情報も!【府中市 郷土の森博物館】

関東・東京のおすすめ梅まつりで、ご紹介したい「府中市郷土の森博物館」には約1,100本の梅の木が有り、見頃の時期になると敷地内は紅白の梅の花で鮮やかに彩られ、福岡県の太宰府天満宮から寄贈された梅など敷地内は都内とは思えない景色を見ることが出来ます。

 

園内には咲き誇る梅の花、水車小屋、滝、池、ラーメン屋、売店などもあり、日差しが温かければ広い芝生で1日楽しむことが出来そうです。

 

園内にある旧府中待役場庁舎は建物の中に入ることが出来、2階からは、梅園が見られ、旧府中町立府中尋常高等小学校校舎教室には、昔の教科書などが展示されるなど見どころもたくさん。

 

園内にある旧田中家は歴史的保存建築ですが、お蕎麦屋さんにもなっているんですよ。

 

※梅まつり開催期間中に予定していた野点、琴、尺八の演奏などは、新型コロナウィルス拡散防止の為中止となるようです

 

期間:2020年2月上旬〜2020年3月中旬 9:00〜17:00

料金:大人 200 円、中学生以下100円

住所:東京都府中市南町6-32

アクセス:

・JR・京王線分倍河原駅から徒歩で20分
・JR・京王線分倍河原駅からバスで6分 郷土の森正門前から徒歩で3分
・JR府中本町駅から徒歩で20分
・西武多摩川線是政駅から徒歩で20分
・中央道国立府中ICから車で10分

駐車場:有り

スポンサーリンク

まとめ

梅まつり2020年関東・東京のおすすめスポットを紹介させていただきました。

年号が令和に変わって初めての梅まつり、万葉集の「梅の花 序文」を思い起こしながら梅の花を愛でるのも良いのではないでしょうか?

コメント