仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?

韓国

仁川国際空港での乗り換えの時間によっては韓国へ入国して街を見てみたいとか食事やショッピングを楽しみたいと考えている方もいるのではないでしょうか?

 

韓国の首都ソウルの玄関口である仁川(インチョン)国際空港には日本各地の空港からも乗り継ぎで使われる方も多いですよね。

 

そのような方の為に仁川国際空港ではトランジットの時間を楽しむためのサービスが充実

 

韓国へ入国して観光が出来る無料のトランジットツアーやシャワー室、仮眠スペースなどが用意されています。

 

この記事では、韓国、ソウルにある仁川国際空港でトランジットの際の入国に必要な時間や方法、食事をするのにおすすめの場所をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【乗り継ぎのパターンは2種類ある】

飛行機の乗り継ぎにはストップオーバーとトランジットという2つのパターンがあります

 

ストップオーバーとは、目的地へ向かう途中の乗継ぎで24時間以上滞在することで、トランジットは単純に飛行機の乗り換えを数時間程度ですることを言います。

 

トランジットでも空港内のレストランやショップで十分にその国の雰囲気を味わうことができますし、特に仁川国際空港は、グルメにショップ、そしてマッサージなど空港での楽しみ方も豊富。

 

さらにはトランジットツアーを利用すれば短時間で韓国観光もできちゃいます。

 

乗り継ぎの場合、間隔の空いたフライトを予約することで韓国での滞在時間を調整して、ソウルまで足を伸ばすことも可能なので、ストップオーバーやトランジットで異なる2つの都市を大いに満喫することが出来ちゃうのです。

スポンサーリンク

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【入国の仕方】

韓国にトランジットやストップオーバーで入国する場合は、事前に機内で出入国カードをもらいホテル名などを入れる滞在先の部分には「Transit」記入すればOK。

 

日本人旅行者は「Immigration(入国審査)」の「Foreign Passport(外国籍)」に並びましょう。

 

乗り継ぎ時間がたっぷりあるなら無料のトランジットツアーもおすすめですし、ストップオーバーの場合はそのままソウル市内または空港周辺のホテルへと移動できます。

 

出国エリアでゆっくりしたいときにおすすめなのが無料休憩スペース(REST AREA)。リクライニングチェアで仮眠をとることができ、国際線の乗り継きをする旅行者はシャワールームも無料で利用できるので、長時間のトランジットでも身体をリフレッシュも可能。

スポンサーリンク

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【無料トランジットツアー】

仁川空港のトランジットツアーは、1時間コースから5時間コースまで1時間毎に設定されており、1時間~4時間の場合は仁川シティーツアー、5時間の場合はソウル・シティツアーとなります。

 

出発時間がツアーごとに決まっており、毎時定時に出発します。どの場所も空港から個人で出かけるのは意外と大変なので、観光地を訪れてみたい方には特におすすめのツアーです。

 

時間等も管理されているので安心ですし、パスポートと搭乗券さえあれば誰でも参加できるので入国審査場の前にあるトランジットツアーデスクへいかれてみて下さい。専用のバスでガイド付きで回るので安心ですよ。

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【第1ターミナルでおすすめの場所】

第1ターミナル4階には「Gourmet DESSERT」という、韓国で話題のスイーツが集まるフードコートや美味しい韓国料理が食べられるレストラン街があります。

 

その中のおすすめは、フレーバーやトッピングを選んで摂氏アイスクリームを作ってくれる「ALASKA Lab.(アラスカ・ラボ)」、SNSで話題の穀物入りアイス「昭福(ソボッ)」も入店しています。

 

「昭福(ソボッ)」「コグマアイス」はソフトクリームのコーン部分がサツマイモなのですよ!

仁川空港第1ターミナルで食事がしたい!おすすめのお店をご紹介!

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【第2ターミナルでおすすめの場所】

第2ターミナルには、飛行機が見渡せる無料の屋内展望エリアがあります。

 

エントランス部分は滑走路を飛び立つ飛行機をイメージした電飾が天井に施され、ブラックの床に反射して見えるという演出で、この渡り廊下からは制限エリアも見えるので、仁川国際空港を訪れた際にはぜひ訪れてみて下さい。

 

また、仁川国際空港では、第1ターミナル・第2ターミナルともに出国フロア3階に韓国伝統文化センターがあり、毎日7:00~22:00に屏風や団扇づくりなどを無料で体験したり、韓国伝統文化体験館では韓国の伝統衣装を無料で試着することができます。

仁川第2ターミナルで食事をするならどこ?韓国全土の郷土料理が充実!

スポンサーリンク

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【入国するには何時間必要?】

仁川国際空港での乗り継ぎ時間ですが、出発までの時間が3時間以内の場合は、韓国に入国せずに出国エリアで過ごすのが無です。

 

トランジットの時間が4時間以上ある方は、韓国に入国してみるのも良いと思いますが、空港周辺で過ごすかトランジットツアーを楽しむことをおすすめします。

 

7~8時間以上ある場合ソウル市内にまで足をのばしてもよいでしょう。それより短い方はソウルまで出ずに過ごされるのが無難です。

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【滞在時間が3時間以内の方】

滞在時間が3時間以内などの短い方や入国せずにゆっくり過ごしたい方は、第1ターミナル、第2ターミナルにある免税(制限)エリア内で次のフライトまで待つのがおすすめ。

 

仁川国際空港はトランジット客のためのサービスが非常に充実しており、免税エリア内にも伝統体験コーナーやシャワー室といった無料で利用できる設備が用意されていますし、大きなソファーで足を延ばすことも出きます。

 

そのほか免税店、レストラン、トランジットホテル、ラウンジ、王族の散策や韓国伝統楽器の演奏を楽しむ事も出来ます

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【滞在時間が4時間以上ある方】

滞在時間が4時間~6時間の方で韓国へ入国したいとお考えの方には、仁川空港第1ターミナル、第2ターミナルの一般エリアがおすすめ。

 

仁川空港第1ターミナル内にはサウナや、映画館、フードコート、コンビニ、レストラン、地下1階にはオリーブヤングなどがありとても充実しています。

 

また、第2ターミナルの地下にあるフードコート、「韓食ミダムキル(한식미담길)」は韓国全土の名店が集まっているので、おすすめです。

 

第1ターミナル~第2ターミナルの移動は、航空会社により異なりますが、到着から出発まで最低1時間30分を確保していれば大丈夫と思います。

 

乗り継ぎの際に到着から次の搭乗まで4時間以上あるのであれば、検討してみても良いでしょう。

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【個人で観光する場合】

仁川空港からソウル市内に出るには、リムジンバスもしくは空港鉄道を使うのが一般的ですが、「乗り継ぎ」には渋滞に左右されず、時間にも正確な空港鉄道を使うことをおすすめします。

 

乗り場は仁川空港の地下。空港鉄道A’REX(エーレックス)。

 

直通列車と一般列車が運行されており、1時間に2本運行の直通列車ならソウル駅まで43分(途中無停車)、一般列車(各駅停車)で53分。スムーズに行っても1時間はかかります。

最低でも1時間半前までには空港に戻らなければならないので、少なくとも往復だけで最低3時間半~4時間。食事や買い物、観光を楽しむにはそれ以上の時間が必要となります。

スポンサーリンク

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【夜中に長時間のトランジットが有る場合】

せっかく韓国でのトランジットなのに韓国への到着が夜中だった場合は、パラダイスシティのスパへ行くか、乗り継ぎ客向けに空港ターミナル内に設けられた「トランジットホテル」を利用するのが良いかと思います。

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【トランジットホテルへ行く場合】

仁川空港には、第1ターミナルと第2ターミナル、それぞれにトランジットホテルがあり韓国に入国しなくても利用できるトランジットエリアに設けられたホテル。

 

空きがあれば飛び込みで利用することもできますし、公式サイトやBooking.com、agoda、Expediaなどのホテル予約サイトからの事前予約も受け付けています

 

仁川空港第1ターミナルのトランジットホテルは、ターミナルの4階、仁川国際空港第2ターミナルのトランジットホテルは252番ゲートの上階(4階)にあります。

 

トランジットホテルに宿泊する場合、飛行機を降りた後は、「Transfer(乗り継ぎ)」の標識に沿って進んで行くと、入国審査ゲートの向かいにある「Transfer」の看板を目印に、トランジットエリアに進み、乗り継ぎ客向けのセキュリティチェックを通過し、搭乗ゲートや免税店などが並ぶ3階へ

 

そこからエスカレーターで4階のトランジットエリアに向かいます。

 

トランジットホテルはかなりお高めなので躊躇してしまいますが、トランジットホテルに宿泊した翌朝は、フライトの1時間ほど前にチェックアウトを済ませ、次のフライトの搭乗口へ行くことが出来ます。

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【パラダイスシティへ行く場合】

パラダイスシティへはシャトルバス又はリニアモーターカーで行くことが出来、バスの時間が終わった後であればタクシーで行くことが出来ます。

 

パラダイスシティ宿泊客以外の方も利用でき、バスで約3分の距離。スパ、レストラン、外国人専用カジノ、ショップ、ホテルが有るリゾート施設なんですよ。

 

スパは24時間営業なので、夜中や早朝に仁川空港へ到着された方でもトランジットの時間が4~5時間以上ある方は韓国へ入国して利用するのも良いかもしれません

仁川パラダイスシティにはバスが便利!リニアの利用や金浦アクセスも!

スポンサーリンク

仁川空港のトランジットで入国は出来る?食事やツアーに必要な時間は?【ターミナル間の移動】

仁川空港にはこれまで利用されていた第1ターミナルに加えて、2018年1月に新しく第2ターミナルがオープンしました。

 

基本的にフラッグキャリア(正規航空会社)は第1ターミナルと第2ターミナルのいずれかLCC(格安航空会社)は第1ターミナルと第2ターミナルの間にあるコンコース(サテライトターミナル)に発着します

 

ターミナル間の移動がある場合は、無料のシャトルトレインに乗って移動する必要があり、韓国を出国後「Shuttle Train(シャトルトレイン)」の案内表示に従って進むと、ターミナルの中央付近にシャトルトレイン乗り場があります。

 

シャトルトレインは、第1ターミナル ⇔ コンコース ⇔ 第2ターミナルの順に停まりますが、ターミナル間の移動は意外と時間がかかるので、接続便に乗り遅れないよう時間に余裕をもって移動しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

仁川国際空港でトランジットの際に韓国へ入国して食事やショッピング、観光を楽しみたい方やトランジットをどのように過ごそうか?検討中の方の参考にしていただければと思います。

コメント