国際線機内持ち込みルール!スプレー缶などは持って行けるの?

ライフスタイル

最近特に厳しくなっている国際線での受託荷物や機内持ち込み荷物のルールって難しいですよね。

 

単純に分かりやすい物もあれば、スプレー缶などのようにわかりずらい物もあり、機内に持ち込めると思っていたのに空港で引っかかってしまったら焦ってしまいます。

 

この記事では、私が実際に疑問に思った国際線でのスプレー缶機内持ち込みについて調べてみたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

国際線機内持ち込みルール!スプレー缶などは持って行けるの?【スプレー缶は液体物】

海外へ行く際に何時も使っているスプレー缶を持っていけると便利だと思いませんか?

 

スプレー缶は旅行に持って行く手荷物のなかでも比較的規制が厳しいため、空港で検査に引っかかってしまった経験がある方もいるのではないかと思います。

 

スプレーは「液体物」に該当するため、国際線で機内に持ち込む際にはさらに制限が厳しくなります。

スポンサーリンク

国際線機内持ち込みルール!スプレー缶などは持って行けるの?【スプレー缶の種類は3つに分類される】

スプレー缶についてはおもに「機内持ち込み及び預けの両方が可能なスプレー」、「機内に持ち込めないが受託荷物であれば預けられるスプレー」、「機内に持ち込むことも預けることも禁止されているスプレー」3つに分類されています。

国際線機内持ち込みルール!スプレー缶などは持って行けるの?【機内持ち込み及び預け荷物の両方が可能なスプレー】

日本の国際線航空会社のルールでは、ヘアカーラーは、ガスカートリッジが装着されていても安全装置(カバー含む)等で電源が自然に入らない状態であれば、1個に限り機内への持ち込み、および受託手荷物としての持ち込みが可能。

 

ヘアスプレーや制汗スプレー、ボディースプレーは「化粧品類」に該当するスプレー、殺菌・消毒スプレーや冷却スプレー、虫よけスプレー(肌につけるタイプ)は「医薬品類」に該当するスプレーとなるので、機内持ち込み又は預け荷物の両方が可能です。

 

ただし、数量は「1容器0.5kgまたは0.5リットル以下のものを1人あたり2kgまたは2リットルまで」と決められているので、国際線に乗る場合にはそれを超えないようにしなければなりません。

 

またガスが充填されたスプレーについては、フライト中に中身が漏れることがないように、キャップなどで噴射弁が保護されているものでなければならないと決められています。

 

国際線機内持ち込みルール!スプレー缶などは持って行けるの?【機内持ち込みは出来ないが、預け荷物なら可能なスプレー】

日用品やスポーツ用スプレーのうち「引火性ガスも毒性ガスも使用されていないもの」については、スーツケースなどに入れて預け荷物にすることが可能です。

(※IATA(国際航空運送協会)の危険物規則の変更に伴い、2020年1月1日より、一部手荷物の取り扱いが変更になった為、スポーツ用品・日用品のスプレー(引火性ガス・毒性ガスを除く)が、機内に持ち込めるようになりました。)

 

こちらも数量の制限があり「1容器0.5kgまたは0.5リットル以下のものを1人あたり2kgまたは2リットルまで」と決められており、噴射弁が保護されているものでなければなりません。

国際線機内持ち込みルール!スプレー缶などは持って行けるの?【機内に持ち込むことも預けることも禁止されているスプレー】

日用品やスポーツ用スプレーのうち「引火性ガスあるいは毒性ガスを使用しているもの」や、その他の工業用スプレーについては、機内に持ち込むことも、預けることもできません。

具体的には以下の種類のスプレー類が該当します。

●潤滑油

●塗料

●ニス

●防塵用のスプレー類

●スポーツ道具のメンテナンス剤

●スキー、スノーボード用ワックス

●キャンプ用ガス

●カセットコンロ用ガス

●スポーツ用酸素缶

●殺虫剤、農薬

スポンサーリンク

国際線機内持ち込みルール!スプレー缶などは持って行けるの?【持ち込みが禁止されているか見分けるには?】

持ち込みが出来るスプレー缶か、持ち込みが禁止されているスプレー缶かについては、スプレー缶に「火気と高温に注意」と書かれているかどうかで見分けることが出来ます。

 

◎製品に「高温に注意」と書かれているスプレーは非引火性ガスを使用している為、機内に持ち込めないが預け荷物で有れば可能。

 

◎製品に「火気と高温に注意」と書かれているスプレーは、引火性ガスを使用している為、持ち込みも預ける事も不可能。

 

上記のルールは2020年1月現在に日本の航空会社のルールを調べたものですので、今後変更される可能性も有ると思います。

 

海外旅行に出掛ける際、どうしても機内に持ち込みたいスプレー以外のものについては、スーツケースに入れて受託手荷物として預けることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回は国際線におけるスプレー缶の持ち込みルールについて紹介させていただきました。

航空会社や訪れる国によってもルールが多少変わる場合も有るので海外旅行にスプレーを持って行く際には、事前に航空会社が定める荷物のルールについてよく確認して行かれると良いと思います。

コメント

  1. […] 国際線でのスプレー缶の持ち込みについては別記事をご覧ください。 […]