初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?

お役立ち情報

初節句女の子男の子何をするべきなのか知っていますか?漠然と解っているようでいざとなると、何をしたら良いのか?分からないことだらけって事も有りますよね。

 

初節句男の子女の子で初めて違いが出る行事となります。

 

そこで、この記事では、初節句の由来や何をしたら良いのかなどご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの??【初節句とは?】

女の子が生まれて初めての桃の節句(3月3日)女の子の初節句といいます。

 

昔は季節の変わり目ごとに五穀豊穣や子孫繁栄などを祈り、一年の節目を5つに区切りました。それを「五節句」と言います。

 

そのうちのひとつ3月3日は、正式には「上巳(じょうし)の節句」といい、女の子の誕生と成長を祝う風習が今でも残っています。

スポンサーリンク

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【女の子の節句「ひな祭り」「桃の節句」】

3月3日の「ひな祭り」、「桃の節句」は、女の子の健やかな成長を願い、ひな人形を飾り、両家の祖父母や親せきなど身近な人を招いてお祝いするのが一般的です。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【ひな祭りの由来】

ひな祭りの起源は、300年頃の古代中国で「上巳節(じょうしのせつ)」といわれています。

 

「上巳」とは3月上旬の「巳の日」という意味で、季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この日に水辺で穢れを祓う習慣があり、遣唐使によって日本に伝えられ、「上巳の節句」として平安時代に宮中行事として取り入れられ、川に人形を流す「流し雛」が始まったと伝えられているのですよ。

 

また、同時期に宮中や貴族の子女の間では、「雛遊び」といわれる紙の人形を使った遊びが盛んになり、この遊びが上巳の節句と結びつき、江戸幕府によって「上巳の節句」が五節句のひとつに定められました。

 

また、人形作りの技術が発展してくるにつれ、人形は流すものから飾るものへと変化し、内裏雛を雛壇に飾る「ひな人形」が流行。

 

女の子の幸せを願って「ひな人形」を飾るようになり、「ひな祭り」としてお祝いをするようになりました。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【ひな人形は段飾りが良いの?】

初節句にも通常と同じくひな人形を飾りますが、童謡「うれしいひなまつり」の歌詞に 「おだいりさまとおひなさま ふたりならんですましがお」と歌われているように、最もシンプルなひな人形は、男びなと女びなの一対の親王飾りのようです。

 

段飾りも素敵ですが、大きすぎると部屋を占領してしまう場合も有りますし、私の家では、小さな5段飾りの雛人形で、整理ダンスの上に収まるくらいの大きさでした。

 

ご自宅の事情でご両親などと相談して決めると良いと思いますよ。

 

男びなと女びなを並べるとき、京都では男びなを向かって右にほかの地域では男びなを向かって左に飾ることが一般的のようですが、一対の雛人形は女の子が成人して幸せな結婚ができますようにとの願いも込められています。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【女の子初節句のお料理】

ひな祭りの料理といえば「ちらし寿司」と「ハマグリのお吸い物」が定番ですね。

 

ちらし寿司に使う材料には意味があり、えびは長生き、蓮根は見通しが良い、豆はまめに働く、魚介や野菜は春が旬の彩りが美しい三つ葉、ニンジン、いくら、卵などを使います。

 

ハマグリのお吸い物ですが、ハマグリの貝殻は対以外は合わないことから夫婦で添い遂げられますようにとの願いが込められています。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【ひな祭りのお菓子】

ひな祭りのお菓子である菱餅ピンク・しろ・みどりのお餅を重ね、ひし形に切るのですが、ひし形は、菱の実、家紋や心臓の形などのいわれがあるそうです。

 

ピンクは桃の花を意味し、魔除けの意味もあり。白は長寿子孫繁栄の意味。緑は健康長寿で、よもぎを使います。

 

そしてもう一つは、「ひなあられ」。「ひなあられ」はピンク・緑・黄色・白の4色で日本の四季を表現し、四季を通して健康に暮らせますようにとの願いが込められています。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【ひなあられは関東と関西は違う】

余談ですが、ひなあられは関東と関西では違うってご存じでしたか?関西の友人に教えられるまで知りませんでしたが、

 

関東のひなあられは、米を爆(は)ぜて作ったポン菓子を砂糖などで味付けした甘いものが、主流ですが、関西のひなあられは、直径1センチ程度の大きさがあり、しょう油や塩などで味付けした餅からできており、本当にあられなのです。もともと雛祭りにかかせない菱餅を砕いて炒ったのが始まりなのだとか。

 

ひな遊びは平安時代の宮中や貴族たちから始まったものですし、宮中御用達のお菓子職人が発案したという話もあるので、ひなあられは京都が発祥かもしれませんね。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【ひな人形は何時まで飾るのか?】

ひな人形をしまうのが遅いと婚期が遅れるという言い伝えがありますが、実際にしまうのが遅いからといって婚期が遅れたという話はあまり聞いたことが有りません。

 

ただ、ひな祭りが終わったあと、いつまでもひな人形を飾るのは、季節感を大切にする人から見れば無粋なことかもしれませんね。

 

娘が何歳になるまでひな人形を飾るのか?という疑問をお持ちの方もいると思いますが、こちらも特に決まりはなく、結婚するときに嫁ぎ先にひな人形を持っていく場合もあるようですよ。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【ひな人形は娘1人につき1つ?】

ひな人形や五月人形はその持ち主1人に対する守り神と考えられていますので、お子さん1人につき1つというのが習わしのようです。

 

ですが、今現在の住宅事情なども有りますし、そこまで形式を守らなくても良いように思いますので、ご両親たちとご相談のうえ決められるのが良いでしょう。

初節句で女の子の場合は何をする?料理やひな人形はどうするの?【ひな人形は誰が買う?】

初節句での雛人形などの飾りは、母方の実家から贈るというならわしがあったそうですが、現代では飾り物も高価になり、母方だけでは金銭的にも負担が大きくなり全てをまかなうのは難しくなっています。

 

最近では両家が話し合ってそれぞれ分担する場合が多くなっているようですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか? 女の子の初節句、「ひな祭り」「桃の節句」について由来などをまとめてみました。

 

お子さんの初節句を迎えるにあたって参考にしていただければ嬉しいです。

コメント