フィギアスケート世界選手権【2020】コロナで中止?2度目なのか?

エンタメ&スポーツ

新型コロナウィルスがまだまだ収まらない中あらゆるスポーツも中止や無観客での開催が行われていますね。

 

スポーツ選手の中にも新型コロナウィルスに感染してしまった方もいる状況下で、2020年のフィギアスケート世界選手権の開催が気になるファンも多いのではないでしょうか?

 

2020年のフィギアスケート世界選手権の開催や出場予定の選手についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フィギアスケート世界選手権【2020】コロナで中止?2度目なのか?【フィギアスケート世界選手権はどうなる?】

新型コロナウイルスの影響でカナダ・モントリオールで18日から21日まで行われる予定だった2020年フィギュアスケート世界選手権を中止すると発表されました。

 

国際スケート連盟は延期の方向性も視野に入れ検討していたそうですが、シーズン中の開催は無理だと判断し、中止が決定されたとのことです。

 

日本からの出場予定だった選手は男子では羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)、田中刑事(倉敷芸科大大学院)、女子では紀平梨花(関大KFSC)、樋口新葉(明治大学) 、宮原知子らが出場する予定でした。アメリカのネイサン・チェン選手、ロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手との争いが注目されていただけに残念でなりませんが、致し方ないですよね。

 

今後は世界選手権をことし中に開くことができるか検討するという事なので、新型コロナウィルスの猛威が収まり1日でも早く平穏な日々が送れるようになるように願います。

 

又フィギアスケートの選手の皆さんのモチベーションも下がらずにいてほしいですね。

スポンサーリンク

フィギアスケート世界選手権【2020】コロナで中止?2度目なのか?【以前にも中止されたことが?】

フィギアスケート世界選手権は以前にも中止されて事がありました。

 

それは、1961年開催地に向かう航空機が墜落し、米国チーム全員が死亡し中止になったそうです。

 

痛ましい事故ですね。どうか、今回は新型コロナウィルスに感染する選手が出ない事を願います。

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナウィルスはなかなかしぶとくて、皆さんも不安な日々を送っているかと思いますが、早く薬が開発されて以前のようにスポーツ観戦が出来る日が来てほしいですね。

コメント